引越し先の物件は必ず天候を変えて二度見学すべし

引越しをするためには新しい部屋を見つけなければならずこれが意外に手間暇かかるものなのです。そこで今回は引越し先の新しい物件を的確に探し出す方法をご紹介致します。


物件は一日に複数見る

学生の方で実家を離れて一人暮らしを始めようという方がわざわざ自分の新しい部屋を見つけるために何日も日程を設けることは出来ません。交通費もかかりますし部屋を探している間の宿泊費もかかるためお金を沢山使うことにもなります。そこで必ず物件を見るためにはその日一日を利用して複数まわるように予定を調整しましょう。そのためには事前に沢山の物件を下調べし不動産会社に見学が出来るか確認をする必要があります。複数の不動産会社をまたいで物件を見学することもおすすめです。不動産会社によっては自分の管理外の物件について見学が出来ないというところもあるため、自分が本当に見たい部屋を見ることが出来ない可能性も出てくるからです。不動産会社が勧めてくる物件だけに目を通すのではなく、自分が気にいった部屋を管理する不動産会社に連絡をとるようにしましょう。


引越し先は二度見る

引越し先の見学をたった一度で決めてしまうと後から補修が必要であったり生活に必要なものがなくて困ってしまったりと問題が沢山出てきてしまいます。そのため物件で気にいったものがあった場合には必ず天候を変えて二度見学をするようにしましょう。
例えば物件自体がとても古いものである場合雨漏りやフローリングが軋むなどとても入居後すぐに対応しなければならないものは晴れた日に見学した場合すぐ見つけることは出来ません。玄関やベランダの水はけなども要チェックです。天気が良い日の方が見学もしやすいですし気分も晴れやかになりますが、雨の日にきちんと見に行かなければわからないことも沢山あります。良いところばかりではなく悪いところも意識して見つけられるよう心掛けで物件を探しましょう。

引越し先の環境が悪い場合自分の生活全てに影響が出て来ます。日当たりも良くなく風通しも悪いという場合はクローゼットの中もすぐにジトジトしてカビが生えて来ます。喘息など気管支系の病をお持ちの方は必ず避けて頂きたい物件です。しかしこのような情報も不動産会社がきちんと教えてくれる訳ではないため自分で確認をして見つけなければなりません。とても天気の良い日はあまり出て来なくても雨が降っていて天気の悪い時には部屋の臭いも変わるためすぐカビを発見することが出来ます。

引越し先の物件を見る場合には必ず天候に気を付けて見学し、気に入った物件は前回とは逆の天候の日を見学日に指定するようにしましょう。

引越しの要、訪問見積もり

引越しをするとき、多くの人がもっとも考慮するのは「いかに安く済ませるか」ということでしょう。周囲に比べて高額な料金を支払う事態にならないために、まずは見積もりを出して業者を比較・検討し、どこに依頼をするかを決める必要があります。


<情報はインターネットと現場の両方から>

ひとつひとつ自分の足で調べて回るよりも、インターネットで情報を集めることが普通となった現代では、業者選びも効率化されて簡単になりました。なかでも一度に10社ほどの引越し業者を比較することができる無料の検索サービスは非常に便利で、絶対に損をしないのではないかと思えてきます。
しかし同時に、このサービスのはじき出す結果が「価格の安さ」を基準にしていることを忘れてはいけません。検索結果はあくまでも目安として、数社に訪問見積もりを依頼するのが得策です。


<訪問見積もりの注意点>

安全性や効率など様々なコストパフォーマンスを考えるならば、訪問見積もりは不可欠です。
しかし、ただ家に来てもらえばよいということではありません。まずは引越しの希望日をはっきり伝えることで、当日までの段取りが見えていることをアピールしましょう。アバウトな答えは引越し当日の段取りの悪さを業者に連想させてしまい、見積もりを高めに設定される恐れがあります。
引越し業者を比較する前に、自分の計画性を見直してみることが大切です。

引越し業者にも悪徳業者がいる?

引越し業者の中にも悪徳と言われる業者は存在します。作業中に荷物が破損したのに補償をしてもらえない、納得できない追加費用を請求された、など困ったことに巻き込まれないためにも、悪徳業者との契約はしないようにしましょう。


<車両のナンバープレートで確認>

信用してはいけない引越し業者としては、無認可で仕事を請け負っている業者です。引越し業者は国土交通省から認可を受けていなければ、仕事ができないことになっています。車両のナンバープレートの色が緑や黒ではなく、白や黄色だったら、認可を受けていない業者の可能性があります。注意しましょう。


<見積もりを見て悪徳業者を見極める>

正式な引越し業者であれば、見積もりに事業者番号、許可番号が記載されているはずです。また、作業中の破損などに対する補償についても記載されているはずです。保険会社や保険内容、補償範囲や金額などについて確認できない場合は、信頼しない方がいいかもしれません。また、見積もりの際に手付金や内金を請求された場合は、要注意です。引越し業者は、手付金や内金は請求できない決まりになっているのです。そういった請求があった場合は、その業者とは契約をしない方がいいでしょう。

レディースパックで安心の引越し

引越し業者というと男性が来ることがほとんどです。しかし女性の一人暮らしの引越しで、男性が部屋に入ってくるということに抵抗がある人もいますね。いくら業者だとはいえ、不安になることもあるでしょう。そんなときには、レディースパックがおススメです。


<レディースパックのメリット>

レディースパックのメリットは何より安心感があることです。女性だけのスタッフなので、不安になることもありません。女性ならではの配慮もあり、荷物を乱暴に扱われることもないです。荷物の中には男性に見られたくないものありますね。女性ならそういった心配もしなくてすみます。余計な気を使わなくてすむのは、楽なことです。ただし、女性では持ち上げることのできない荷物などがある場合は、部分的に男性スタッフが手伝うこともあるようです。


<レディースパックは高い?>

業者にもよりますが、レディースパックは通常の引越し料金よりも高くなることがあります。また、女性だから几帳面である、ていねいに扱ってくれるというわけでもないようです。最近はレディースパックの需要が増え、さまざまな引越し業者がレディースパックを採用しているようです。見積もりをいくつか取って、内容や価格を比較検討してみましょう。

引越しの費用を浮かすために

現在では、引越しの費用を浮かすためにご自分でされている方も中にはいらっしゃるみたいです。
どのようにしてされているのかといいますと、レンタカーなどを借りて家具などを運んでいるのだそうです。
確かに引越しの費用を安くおさえることが出来ますが、なんだか家具が傷んだりしそうで怖いですね。
何かトラブルが起きてしまった際もご自分で対応する必要がありますので、少々大変かもしれません。


自分の好きな時に引越しできる

ご自分で引越しする際には、ご自分がお好きな時に行動できますので、それがメリットだと言えます。
確かに業者の方に連絡を入れて予約をとるのは少々面倒な気がします。
ご自分でしたら思い立った時に引越すことが出来ますので、そう考えると良いかもしれませんね。
また、友達や親戚の方に頼んで手伝ってもらう事も出来ますので、一つの思い出にもなりそうですね!


模様替えを楽しもう!

せっかく新しいところへ引越すのですから、模様替えをしてみるのも良いかと思いますよ。
今まではこんな風に家具を置いていたけれど、今度はこんな風に置いてみよう!と考えるのも楽しいかと思います。
他にも新しい家具を置いてみるのも、お勧めですね。
今までの生活を保つのも良いかと思いますが、再び新しく歩き出すのも良いかと思いますよ!

引越しに関する知識をつけよう!

引越しを何度かされたことのある方もいらっしゃるとは思いますが、その際に何かに気を付けたりしたでしょうか?
例えば、住所の手続きとか近所への挨拶など土壇場になってした方もいるのではないでしょうか。
やはり引越しを何度か経験しないとわからないことってありますよね。
今回は引越しをする際に気を付けたいことについてお話したいと思います。


引越しの荷造りはどうするの?

多くの方が困るのが荷造りですよね・・・何からしまっていけばよいのか分からない方もいらっしゃるかと思いますが、必要最低限のもの以外からしまっていけば効率が良くて当日も楽になります。
また、段ボールの底は十字にしてガムテープを貼るのが良いとされていますのでぜひ試してみて下さいね。
その方が底抜けしたりしないので安心して運ぶことが出来ます。


段ボールには記入しておきましょう!

荷物を詰めて終わるのではなくて、何をしまったのかペンで書いておくのが良いかと思います。
その方が業者の方もわかりやすいので運び方もその都度変えて下さりますし、新居へ越された際に出すのが楽になりますので良いかと思います。
新居へ着いた時に箱に何も書かれていないと、どの箱から開けて良いのかという事も分からなくなり部屋も散らかってしまいますので、少し工夫してみると良いですね。

引越しの荷物をスムーズに運搬してもらうために

引越しではダンボールなどに荷物をつめて、引越業者に運搬してもらいます。ワンルームなどであれば荷物の数も少なくすみますが、家族単位の引っ越しを行うとなると、ダンボールの数も多く、どこの部屋に何を置けばいいのかなどで混乱する可能性もあります。


新居の見取り図にナンバーを

引っ越しをする前に新居の見取り図を作るか、不動産屋さんなどから受け取りましょう。各部屋に番号をふっていきます。そして運び込んで欲しい部屋の番号をダンボールにわかりやすく記載しましょう。重ねて積み込むので、上だけではなく、横にも書いておくと便利です。こうすることで、どの部屋に何を置いてあるかわからない、違う部屋のものがまぎれてしまうというトラブルを最小限に抑え、引越し後の荷解きをスムーズに行うことができます。


通し番号もふろう

部屋の番号と一緒にダンボールには通し番号を振りましょう。1の部屋に置くものであれば、1-1、1-2というものです。このようにしてダンボールの総数を把握することで、荷物の積み忘れや紛失などを未然に防ぐこともできます。足りないものにすぐに気がつくことで、あとから引越し業者へ連絡する手間などを省くことができます。新居での荷解きを考えて、しっかりと荷物を管理することでスムーズな引っ越しができます。

引越しが集中する時期は料金が高くなる

時期によって引越しの料金は変動します。もし特に今すぐ引越しをしないといけないわけではなく、なおかつ低料金で終わらせたいと考えているのなら繁忙期は外した方がいいです。


引越し料金が高くなる時期とは?

最も引越し料金が高くなるのは春先と夏休みシーズンです。どうしてこの時期に引越しが集中するかは大体分かりますよね? 2・3・4月の春先は入学・卒業・就職などによる転居、そして8月の夏休みは長期休暇が取りやすいのでその間に転居する人が多いのです。そしてその時期は料金もはね上がります。通常料金の2~3割増しくらいになるので、荷物が多ければ多いほど金額にも大きな差が出ます。必要に駆られて繁忙期に転居をする人は仕方ありませんが、そういう事情が特に無いのであれば2・3・4・8月はなるべく避けましょう。


時間帯や曜日によっても値段は変わる

時期や季節によっても変わりますが、時間帯や曜日によっても引越し料金は常に変わります。例えば、作業時間帯は午前中にするよりかは午後に任せてしまった方が安く抑えられますし、同様に週末よりも平日の方が低料金になります。こういった日々の変動もしっかり押さえておくことで、さらに安く低料金で転居することが可能です。是非とも覚えておいてくださいね!

見積もりは複数の会社に頼むのが常識

いかに引越し料金を抑えるかは、いかに見積もり金額の安い会社で頼むかにかかっています。見積もりの段階からすでに引越しは始まっている。そう言っても全く過言ではありません! そのためにも、必ず複数の会社に見積もり依頼を出す様にしましょう。これは費用を抑えるための鉄則です。覚えておいてくださいね。


1社でも多くの引越し業者に見積もり依頼を出しましょう

気になった引越し業者があったら全てに見積もり依頼を出しましょう。「後で断るのが申し訳ない」という方もいるとは思いますが、そこで断った時に相手から嫌な顔をされたらその会社の対応力はその程度だったということです。複数の会社に依頼することは金額の安さを比較するためにも必要ですし、会社の質を見るためにもとても重要なのです。


料金が安すぎる場合には注意を

しかし1つ気を付けていただきたいのは、明らかに料金が常識外れに安い業者には頼まないということです。「え? 安いところで選べと言ってなかった?」と思うかもしれませんね。これはあくまで他の業者と比べた時に明らかに安すぎる場合についてです。そういった引越し業者は後から諸費用と称して料金を上乗せしてくることがあります。それではせっかく安いと思ったところに頼んでも無意味です。もし何社かに依頼をして、その中でちょっと安すぎるなというところがあったら担当者に直接訊いてみてください。

引越しの時に出た不要なものはどうしてますか?

引越しの荷造りをしていくと、今まで眠っていた不要なものが出てきます。そのままゴミとして捨ててしまうことも出来ますが、少しでもお金に変えられれば引越しの費用にも充てられて助かります。そこで、不要なものをどのように処分することがお得なのかをご紹介します!


引越しの時にはリサイクルショップを活用しよう!

新しいところへ引越しをするついでに、今まで使っていた家具や家電も新しくしよう!となった時、あなたならどうしますか?実は、それってゴミとして捨てると、処分料が発生する可能性があります。これは、地域よっても変わりますが、例えば冷蔵庫なら約5,000円近くも処分料がかかります。こんなにかかってしまったら、引越し費用の計画にも大きく影響してしまいます。そこで、活用したいのがリサイクルショップです。もし処分しようとしているのものが、まだ使えそうだなと思ったらリサイクルショップで買い取ってくれる可能性がありますので、少しでもお金になれば御の字といったところでしょう。


本は意外と重たい

引越しの時に意外に厄介になるのが本の類です。本は、一冊一冊では全く重くはありませんが、段ボールいっぱいになるとかなりの重量になります。もし、もう読まないようなものが多いようなら、すっぱりとうるという決断をしてみましょう。

引越しのテクニック完全保存版

引越しは業者に任せておけばOK!なんてことはありません。確かに、最近ではサービスや価格に力を入れている業者も多くありますが、それでもまだ損している可能性があります!そこで、コストとパフォーマンスの両方を兼ね備えた業者を選ぶときのテクニックをご紹介!


引越しは見積もりで決まる

引越しを業者に頼んだ場合、大体営業の人が見積もりを出してくれるのですが、正直言って、それが適正なものなのかって素人にはよくわかりません。業者が言うのだから一番いい方法なのだろう、と思って大抵の人はその見積もり通りに依頼をします。でも、それって本当に正しいのでしょうか?たとえば、一人暮らしの人が引越すときに大きなトラックで作業員が3人も4人も来たら、必要以上に多いと思うでしょう。でもそれが見積もりの時に出されていたから、としぶしぶ受け入れてしまうということもあります。つまり、見積もりの時に、それが本当に適正な内容になっているのかが最も重要なのです!


料金は、距離、トラック、人数で決まる

では、見積もりの時にどこに注目したらいいのかというと、荷物の量です。大体の目安でいいので、荷物をすべてまとめたら、どれくらいの量になるのかを把握しておきましょう。それさえ把握しておけば、作業員の数も、トラックの大きさも大体の目星がつきます。