引越し業者にも悪徳業者がいる?

引越し業者の中にも悪徳と言われる業者は存在します。作業中に荷物が破損したのに補償をしてもらえない、納得できない追加費用を請求された、など困ったことに巻き込まれないためにも、悪徳業者との契約はしないようにしましょう。


<車両のナンバープレートで確認>

信用してはいけない引越し業者としては、無認可で仕事を請け負っている業者です。引越し業者は国土交通省から認可を受けていなければ、仕事ができないことになっています。車両のナンバープレートの色が緑や黒ではなく、白や黄色だったら、認可を受けていない業者の可能性があります。注意しましょう。


<見積もりを見て悪徳業者を見極める>

正式な引越し業者であれば、見積もりに事業者番号、許可番号が記載されているはずです。また、作業中の破損などに対する補償についても記載されているはずです。保険会社や保険内容、補償範囲や金額などについて確認できない場合は、信頼しない方がいいかもしれません。また、見積もりの際に手付金や内金を請求された場合は、要注意です。引越し業者は、手付金や内金は請求できない決まりになっているのです。そういった請求があった場合は、その業者とは契約をしない方がいいでしょう。